わたしたちが大切にしていること

専属のプランナーが一組のお客様の責任をもつということ。

一人のプランナーが一組のお客様の
「最初から最後まで」の責任をもつということ。

わたしたちは一組のお客様の「初めまして」から披露宴がお開きになる時の「おめでとうございました」までを一人のプランナーが責任をもってご対応いたします。お客様のたったひとつの結婚式を大切に考え、 サプライズのご提案、細かなご要望にはもちろん、 お式への漠然とした不安に対しても…大きな相談も小さな相談も気軽に話しかけてもらえるような良き相談相手として「最初から最後まで」お客様に寄り添いたったひとつの素敵な結婚式をカタチにすることが わたしたちの役目、そして使命だと思っているのです。

なぜ?そこにこだわるのか?

お客様にとっては「当たり前」の事かもしれません。 しかしその「当たり前」が大切だと私たちは思っています。 お客様が「当たり前」と感じている事をやり遂げるために、 私たちはこだわります。

一人のプランナーが一組のお客様の
「最初から最後まで」の責任をもつということ。

意思の疎通がしやすい

担当がひとりという事は、 担当が変わる度に 同じ会話の繰り返し・・・ なんて事が無くなります。

一人のプランナーが一組のお客様の
「最初から最後まで」の責任をもつということ。

積み重ねられる信頼関係

最初から最後まで 一貫して、ひとりのプランナーと お式の準備を積み上げていきます。 些細な事から大きなことまで、 何でも相談できる関係が築けます。

一人のプランナーが一組のお客様の
「最初から最後まで」の責任をもつということ。

人の気持ちが宝物になる

「この人が担当で良かった」と 言っていただけるよう、 ひとりのプランナーが 誠心誠意ご対応していきます。

返ってくる笑顔、逆サプライズ…ありがとうの気持ち。私達がこの仕事に誇りを持てる瞬間。

扉の向こうに広がる瀬戸内海

私達がプランナーの仕事に誇りを持てる瞬間… それはお客様の笑顔を観た時です。 同じものはどこにも無い、 世界にたったひとつの結婚式を カタチにしたときに、返ってくる「ありがとう」の気持ち。 ここで結婚式ができて良かった。 その言葉はわたしたちにとって宝物となるのです。 ウエディングプランナーをやっていて良かったと思える瞬間は、 お客様が運んできてくれるのです。

お客様からのありがとうのほんの一部をご紹介

担当のプランナーさんとの出会いのきっかけは打合せを行うところからでした結婚式の内容や準備は何から始めていいかも最初はわからなかったのですがそれも案内をしてくれたプランナーさんが色々とアドバイスや提案をしてくださったりまた両親の挨拶や顔合わせをまだ行っていなかったのですが、結婚式以外のことでもアドバイスをくださって私たちにとってとても頼もしい存在でした。

そして安心できたことがもう一つ「担当プランナーさんが挙式当日のおひらきまで一緒」という事です。最初の打合せの段階でプランナーさんにその事を聞いたところ「もちろん!お2人にとっても親御様にとってもみなさんにとっても想い出に残る結婚式を一緒に作りましょう♪」と言ってもらえたので安心して準備を行う事が出来ました。

後日、両親も会場を是非見てみたいというお願いも快く引き受けてくれ両親とも仲良くなってくれた担当プランナーさん。

打合せの段取りや資料の準備なども全てスムーズに行ってくれ負担がかからず一緒に楽しく結婚式の準備を行う事が出来ました。

当日も担当プランナーさんが私たちのエスコートをしてくれ2人とも安心して式とパーティーを過ごすことが出来ました。

後日、友人や親族からも「ふたりらしい結婚式だったね」と言ってもらえたことも私たちのよい思い出です。

これも最初からずっと支えてくれたプランナーさんのおかげです。

menu